PCからRaspberry PiにSSHでの接続を試みた所、以下のメッセージが表示され接続に失敗しました。

Server does not support diffie-hellman-group1-sha1 for keyexchange

原因を調査したところ、どうもopensshの仕様変更があった模様。

openssh-6.7から KexAlgorithms のデフォルトが変更され、diffie-hellman-group1-sha1 は現在の基準より弱い鍵交換アルゴリズムなのでデフォルトで無効とされたようです。

それによって、PCにインストールされているターミナル(Poderosa バージョン4.3.10b)では対応出来なかったために発生していたようです。

しかし、Poderosaのバージョンを最新(4.3.13b)に変更してみると解決できるようで、実際に試してみたところ、特に問題なく接続できました。

ちなみに、Poderosaは既にバージョン5が出ていたんですね。

妙にグラフィカルな感じになっていて若干抵抗があったので、しばらくは4の最新版を使い続けようと思います。